CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
高橋ミカの毒素排出マッサージ
高橋ミカの毒素排出マッサージ (JUGEMレビュー »)
高橋 ミカ
マッサージおたくな私一押しの本です。まじで気持ちいいんですよぉ〜。一度でいいからミカさんのゴッドハンドを体験したいものですが無理な話ですが・・・
MOBILE
qrcode
<< 早くも挫折の予感・・・。 | main | 今日のテーマソング♪ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
今あえてPHSを語る!
みなさんに質問です。
PHSを持っている人まわりにいますか?
私はもうPHSを6年程愛用してます。
その前はNTT DoCoMoを使っていました。
しかしその当時あまり音声もよくなく通話料もそれなりにしていました。

そうこうするうちに今ダンナとなる人とつきあうこととなり
当時からPHSを持っていた彼にたまに貸してもらう機会が増えるにつれ
「PHSで不自由なことってあまりないかも?」と思い
携帯が壊れたのを期に晴れてPHSユーザーになったのです。

それからしばらくは地味な存在でしたね。PHSって。
どうも都会しか使えない・安っぽいってイメージが先行して。
実際は私のおばあちゃん家はかなりの田舎ですがちゃんと電波通じましたし
スキー場とかは、ちゃんとアンテナを設置してるようで
まったく不自由ないんですよ。

しかしiモードがでてからますますPHSユーザーは肩身の狭い思いをすることになるんです。
だってPHSには何も遊び心がないんですもん。
でも私は変なところで一途だったので浮気せず地味なPHSを持ち続けました。
→圧倒的にシェアが少ないので機種を選ぶことすらできない・・・。
当然カメラつきなんて・・・。

そんな地味なPHSユーザーに今年5月ビックなプレゼント?が。
知ってますか?
これなんですけど

一部アキバ系の人達からは

京ぽん
 といわれているらしいです。

なぜ京ぽんかというと
まずもともとAirH"PHONE というものがあって通称味ぽんと呼ばれてました。
なぜ味ぽんか?

→エアーエッジフォンと早口で何回も繰り返すとそのうち味ぽんと聞こえませんか?
(秋葉原らしいこじつけ。要するに彼らの言葉遊びらしい)

京ぽんというのは、AirH"PHONEの京セラバージョンというわけでそう名づけられたようです。

さぁみなさんひかないでくさいねぇ。

でなぜPHSユーザーを狂喜させたかというと
とうとうPHSや携帯で初のWEBブラウザOperaが搭載されたんですよ。
要するにPHSで普通にインターネットが見れるんですよ。
家のパソコンみたいに!
だからiモードとか基本的に見れず悲しい思いをしていたユーザーが
一気にネットを見れるようになったわけです。
分かってもらえますかねぇ。この喜び。しかも念願の?カメラ付。

私も発売と同時に買ったのですが最初品切れしてたんです。
あと、私がひそかに気に入っているのがUSBで充電できるってこと。
パソコンやりながらひそやかに充電もできるんですよ。

長くなるのでとりあえずこの辺で。
実は本もでてるくらい有名なんですけどね・・・
秋葉原のみ?の大人気の本
  ↓
京ぽんの本―京セラAirH″PHONE AH‐K3001V活用術
京ぽんの本―京セラAirH″PHONE AH‐K3001V活用術
魚輪 タロウ

やはりPHSが携帯のシェアを超える日は
ないんだろうなぁ・・・。
そしてなぜ今頃京ぽん話なんだよぉというコアなお方!
ゆるしてぇ。今日特にネタがなかったんです(これ本音)


*-*-*-*-*-*-*    CMですよ   *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

今日、またまりえさんを発見!
OZマガジンの今回節約の特集にカラー2Pでてましたよ☆
見るべし!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

★ブログランキング参加開始しました★  
 ↑
またJUGEMが重くてイライラ気味の私に
是非応援の1クリックお願いします。
| 私の好きなもの | 22:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:20 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://okiraku2.jugem.jp/trackback/43
トラックバック